お見送り自粛のお知らせ

 

インフルエンザ流行の為、しばらくの間


終演後のお見送りを自粛させていただきます。

 

ご理解の程、よろしくお願い致します。


52days 直前記者会見

本日(1月24日)、坊っちゃん劇場ロビーにてミュージカル「52days〜愚陀佛庵、

二人の文豪〜」直前記者会見が行われました。

 

会見では、坊っちゃん劇場 代表取締役 越智陽一の挨拶の後、脚本・演出の石田昌也先生

(宝塚歌劇団)、音楽監督・作曲の玉麻尚一先生、振付の尚すみれ先生に作品について

お言葉をいただき、正岡子規役の岩渕敏司、夏目漱石役の藤原大輔、ベゴニア夫人役の

佐伯静香が意気込みを語りました。

 

 

 

 

石田 昌也先生

「坊っちゃん劇場が11年目に入り再スタートということで、今までとまた違ったエンター

テイメント性の強い作品となっています。娯楽性を半分持ってきて、教育や文化、歴史も

入れつつ、基本的には楽しく、セリフを聞き飛ばしても、寝てしまっても話が分かるように

作っています。とは言っても、最初から最後まで観ていただけたらいいなと思います。」

 

玉麻 尚一先生

曲に関してですが、アーティスト的に作曲するのではなく、脚本家や演出家の方が思って

いる世界をどう創るかというのが自分のポリシーで30年間しております。今回の石田先生の

脚本は、ポップな日本ではないようなミュージカルで、曲もバラエティに富んだ要求があり

BGMを合わせて40曲ほど作らせていただきました。昨日の通し稽古を見て、思惑通りに

いったかな。と思ったので、皆さんに楽しんで見ていただきたいです。」

 

尚 すみれ先生

「今まで、坊っちゃん劇場の6作品の振付をしてきましたが、今回、初めて宝塚の演出家とい

うことで、宝塚コンビとして宝塚歌劇のいいところを少しでも坊っちゃん劇場に織り込めたら

と思っています。平凡な日々の中から、かけがえのないものを感じていただけるような作品で、

楽しくて笑いあり涙ありまた見たいと思っていただけるような作品になったかなと思っています。

宝塚歌劇的なところとして、初めてフィナーレナンバーというところをショーアップしてお届け

できるようになっています。」

 

岩渕 敏司

「おそらく僕の演じるノボさん(正岡子規)は、ノボさん史上1番、ポップでロックンロール

で、キラキラしたノボさんになっているかと思いますので、楽しんでいただけたらと思います。

自分がお客さんとして見てみたいくらい楽しい作品になっています。」

 

藤原 大輔

10年間いた劇団四季を退団して、初めての1年間のロングランの公演を地元の愛媛県でできる

ことを光栄に思っています。松山市ゆかりの漱石と子規ですが、今回改めてミュージカルを見て

興味を持っていただけたらと思っています。」

 

佐伯 静香

「誓いのコイン以来5年ぶりに坊っちゃん劇場に戻って来ることができ嬉しく思います。生の舞台

の感動を知っていただきたく、ミュージカルに興味のなかった方にも、気軽に坊っちゃん劇場に

足を運んでいただいて、こんなに舞台って面白かったんだと思っていただけるよう誠心誠意みんな

で力を合わせて頑張っていきたいと思います。」

 

 

 


岡山市民ミュージカル制作発表記者会見

本日(1月10日)、岡山市のRSK第2ビルにて、岡山市民ミュージカル

「オランダおイネ あじさい物語」の製作発表記者会見が行われました。

 

 

坊っちゃん劇場は、これまで西条市、八幡浜市、そしてこれから東温市、砥部町と

市民ミュージカルのプロデュースを手掛けますが、この度、岡山県のRSK山陽放送、

(公財)岡山シンフォニーホール主催の岡山市民ミュージカルを、坊っちゃん劇場が

制作協力というかたちでお手伝いをさせていただくことになりました。

 

主なスタッフの先生方は、脚本・演出 大杉良さん(八幡浜市、東温市民ミュージカル

でも脚本・演出をしていただいています)音楽 吉岡弘行さん、振付 星野和子さん、

歌唱指導 佐々木英代さんです。

 

おイネ役には、メインキャストオーデイションで決まった山陽放送の小松千絵アナウンサー。

坊っちゃん劇場の作品に出演していただいた四宮貴久さん、大岩主弥さん、アウトリーチ

事業部の近藤誠二も出演予定です。

そして、現在小学4年生から大人までの一般の出演者を募集しております。

詳しくは、RSK HPでhttp://www.rsk.co.jp/event/musical/ 

 

 

公演は、2017年11月19日、岡山シンフォニーホールで行われます。

 

愛媛県を飛び出して坊っちゃん劇場が制作協力する岡山市民ミュージカル。

岡山県にお住いの方、この機会にぜひ挑戦してみませんか?

 

 

 

 

 

 


お遍路さんどうぞ千秋楽

本日、ミュージカル「お遍路さんどうぞ」無事に千秋楽を終えました。

 

満席の会場から最後はスタンディングオベーションが起き、温かい拍手と涙で包まれました。

 

 

最後の花婿の衣装は、サプライズゲストのジェームス三木先生から。

ジェームス先生からも温かいお言葉をいただきました。

 

10周年という節目の年、そして四国が舞台の「お遍路」ということで

初の四国巡回公演にも挑戦した今作。

全236公演約69,000名(四国巡回公演を含む)のお客様にお越しいだきました。

応援していただきました皆様、本当に1年間ありがとうございました。

 

 

 

坊っちゃん劇場の舞台から離れる役者もいますが、この13名を

今後も応援のほどよろしくお願いします。

 

 

そして、坊っちゃん劇場もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

最後に懐かしい1枚を・・・

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 


52days配役発表

子規・漱石生誕150年記念作品

ミュージカル「52days」

〜愚陀佛庵、二人の文豪〜

 

キャスト紹介

 

 

 

 

 

            正岡子規                          夏目漱石

         岩渕 敏司            藤原 大輔 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

         長嶋貞治             久保猪之吉/猪熊寅象       

       治田 敦      中山 城治

 

 

 

    柳原極堂/ヤクザ                     春子                                  

     森山 晶之      脇山 尚美                

 

 

 

ベゴニア夫人(成人の頼江)      小萬               

      佐伯 静香     山口 恵利佳     

 

 

 

   

      頼江             アンコ        

      松尾 奈実       松井 愛

 

      


    キナコ            モチコ            

      孝島 佑香      高橋 真冬    

 


 

 

 

 

 

 
 
 
 

 
 

 
 

 

 


ミュージカル「52days」 顔合わせ

子規・漱石生誕150年記念作品

ミュージカル「52days」〜愚陀佛庵、二人の文豪〜

の顔合わせが本日行われました。

 

 

坊っちゃん劇場社長 越智陽一、今回、脚本・演出をしていただく

宝塚歌劇団の石田昌也先生のご挨拶に引き続き、台本の読み合わせ

が行われました。

 

 

 

 

配役発表前なので、出演者についてあまり詳しくご紹介できないのが

残念ですが、役者の読み合わせを聞いて、益々楽しみになりました。

皆様もぜひ、楽しみに待っていてください♪

 

 

 

 


砥部町民ミュージカル出演者募集!!

砥部町民ミュージカルの出演者・スタッフ・ボランティアを募集します。

坊っちゃん劇場がプロデュースする町民ミュージカルでプロのスタッフと共に舞台を創ります。

脚本は映画「海すずめ」でお馴染みの砥部町出身の大森研一監督が担当します。

坊っちゃん劇場のプロの役者とも共演できますよ。

未経験者でもオーケー!!

是非ご応募下さい。

 

砥部町のホームページ

http://www.town.tobe.ehime.jp/soshiki/28/tobbetyoumin.html

 


無料ミュージカルワークショップ開催

砥部町で無料のミュージカルワークショップを開催いたします。

未経験者でもオーケー!!

坊っちゃん劇場の役者たちと歌って、踊って、お芝居をして

ミュージカル体験してみませんか?

 


52days出演者情報!

お待たせしました!!

次作ミュージカル「52days」出演者情報です♪

 

 

 

坊っちゃん劇場次作 子規・漱石生誕150年記念作品

ミュージカル「52days」〜愚陀佛庵、二人の文豪〜 

 

128日 初日公演 出演者(※五十音順)

 

岩渕 敏司

佐伯 静香

孝島 佑香

高橋 真冬

中山 城治

治田 敦

藤原 大輔

松井 愛

松尾 奈実

森山 晶之

山口 恵利佳

脇山 尚美

 

※今作品は、出演者の入れ替わりがございます。

3月以降の出演者の情報は後日お知らせします。

 

 


砥部町民ミュージカル「シンパシーライジング」〜砥部焼物語〜(仮題) 舞台制作発表記者会見

 

砥部町民ミュージカル「シンパシーライジング」〜砥部焼物語〜(仮題)

舞台制作発表記者会見

 

1125日、砥部町舎にて、砥部町主催、坊っちゃん劇場共催の砥部町民ミュージカル

「シンパシーライジング」〜砥部焼物語〜(仮題)の舞台制作発表記者会見が行われました。

 

 

 

 

砥部町長 佐川秀紀 様

 

 

 

砥部町には芸術や文化の振興や、青少年の健全育成を街づくりの中心に据えており、

住民の皆さまが、幸せを感じて笑顔で暮らせる安心安全な街づくりをしております。

その中で、芸術・文化の振興、地域の砥部焼の振興を考えております。

来年は(砥部)磁器創業240年祭であり、それに合わせて、坊っちゃん劇場にお願いを

してミュージカルをやってみたいという経緯に至っております。

子どもたちと年配の方たちが、一つになってミュージカルを演じるということで、

砥部町の誇れる砥部焼の振興であったり、砥部町の魅力を町内外に発信したりということで

計画をいたしております。素晴らしいミュージカルになればと思っております。

 

 

 

 

坊っちゃん劇場 代表取締役 越智陽一

 

 

昨年、町長の方から来年、砥部焼創業240年という節目の年ということで、今一度、

砥部焼の歴史にスポットを当てながら、今の砥部町の魅力を発信できる、そんな

ミュージカルができないだろうかとういう申し入れをいただきました。

私ども、坊っちゃん劇場は2年前から、坊っちゃん劇場アウトリーチ事業部が、

地域の偉人を題材にした作品を、市民で作って市民で演じるという事業を行っており、

こちらの事業として今回、提案をさせていただきました。

提案内容としましては、地元出身で活躍をされておられます大森研一先生に脚本を

書いていただくということです。大森先生は映画の世界では大変有名ですが、

ミュージカルにつきましては、初めての取り組みということになります。

しかし、幼少の頃から砥部焼きの伝統についてはもちろんのこと、砥部町の風土や

生活文化そういったことまで、体で感じながら成長されていっておられます。

そういった大森先生の視点から作家性のある作品作りができないだろうかということで、

町長にご提案をさせていただきました。

今回は、多くの町民の皆様の参加の元に、砥部焼の素晴らしさの再認識、そして

砥部町の魅力を再発見できる。そんな舞台作りを目指していきたいと思っております。

通常は、舞台鑑賞というのは、客席で2時間ばかり芸術鑑賞するということが通常ですが、

今回は町民が企画、制作、練習をして舞台に上がり、そして観ていただく。この一連が、

今回の事業の成果そのものでございますので、今日がスタートとしましたら、

(公演日の来年)7月まで、ミュージカルに参画する皆様をはじめ、町民の皆様が心が

ワクワクドキドキするそんな取り組みにできればな。という風に考えております。

  

 

 

 

脚本 大森研一 様

 

 

私は、高校卒業まで砥部町で生活してきました。

お話しをいただいてミュージカルの脚本ということ自体が、全く初めてで、

映画の脚本とは勝手も違ってくるかなと思いながらも、そのあたりは汲み取って

いただきながら進めていけるかなということで、始めさせていただきました。

町長をはじめ、どういった話がいいか、お話しさせていただきつつ、脚本を書かせて

いただく前に色々な窯元さんなどに取材をさせていただいたり、砥部焼まつりなど

色々なところを見させていただきました。

18歳まで砥部町で過ごしてきましたが、新たな発見であったり、見た事ないようなもの

であったり、新しく知る知識とういうのも数多く、どれだけのことをこの限られた

ミュージカルの尺の中で注ぎ込んでいけるかな。ということを主軸に考えました。

当然、砥部焼の祖である杉野丈助(すぎの・じょうすけ)と、砥部焼の240年の歴史と

いうところも触れなければならない。と思いましたし、かつ、ミュージカルは

エンターテイメントですので、老若男女楽しめるエンターテイメント性も求める思いで

書かせていただいております。

あんまり、内容を言ってしまうと楽しみが無くなつてしまうので、大まかに内容を言いますと、

夢は大きくということで、物語は、東京オリンピックの聖火台を砥部焼きで作ろう!という

知事の勢いの一言から始まります。デザインを採用された、とある窯元の家族の葛藤や家族愛を

中心に話が進んでいきます。今の砥部焼きの現状なども伝え、色んな窯元が協力しあいながら、

最終的には聖火台を作りにどう向かっていくのか、また(小さい時から砥部焼を作っている)

高校3年生の長男の夢がどうなっていくのか、といった青春部分もふまえつつ砥部焼の歴史も説明

するといった内容となっております。

 

 

公演日は、平成29年7月29日(土)16時、7月30日(日)14時 砥部町文化会館

 

キャスト募集期間は、平成28年12月1日(木)〜平成29年1月16日(月)

オーデイションは、平成29年1月22日(日)13時から16時、砥部町中央公民館 講堂にて

行います。

詳しくは、砥部町教育委員会 社会教育課(TEL 089-962-5952)までご連絡ください。

 

 


<< | 2/25PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
アクセスマップ 過去の作品 お問い合せ モバイルサイト