ミハエル役 四宮貴久 千穐楽公演

本日(8月20日)、ミハエル役の四宮貴久が千穐楽を迎えました。

カーテンコールでは、22日から松江豊寿所長を演じる中山城治から四宮へ花束贈呈と、四宮に代わりミハエルを演じる小林遼介、そして四宮貴久の3名がご挨拶をさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中山城治

「坊っちゃん劇場との関係は長く、1作目の「坊っちゃん!」の山嵐の役から始まり、その時から12年が経ちました。年を重ねて、色々不都合がでてきておりますが…(笑)頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。」


 

 

 

 

 

小林遼介

「本日、初めてご観劇いだいた方もいらっしゃるかと思いますが、今日が157回目の公演でした。稽古始めた時は、松江所長としての千穐楽の日が来ることを想像できませんでしたが、松江所長を演じる大きなプレッシャーの中、劇場スタッフの皆さん、羽原先生、錦織先生をはじめ素晴らしい制作陣の皆様、そしてキャスト13名の仲間のおかげで、無事に松江所長としての千穐楽を迎えることができました。明後日からは、四宮さんからバトンを受け継いで、ミハエルを演じます。また、劇場に足をお運びいただけましたら幸いです。これからもよろしくお願いいたします。」



 

 

 

 

 

四宮貴久

「終演後ロビーでお話しさせていただく際に、「本当のドイツ人ですか?」と何度も聞かれたり、ある時は「日本語、上手ですね」と言われたこともありました。今回で4回目の出演になりますが、最初は「誓いのコイン」でロシア人を演じ、今回はドイツ人と坊っちゃん劇場の外国人枠ではないか?とも思いながら(笑)今日まで頑張ってきました。1月27日に初日を迎えましたが、これほど大変だと思った公演は初めてでした。稽古中に喉をつぶしてしまい、3月の長期休暇まで自分のやりたいことができず、休暇後のどを回復させて、自分がやりたかったことを少しずつ実践でき、6月の3名のキャストの入れ替え稽古で、自分のやる方向性を固めることができました。初日に、今の状態が出せたら本当に良かったのですが、辛抱我慢で今まで支えてくださった先生方、キャストのみんな、そしてご来場いただいたお客様の声援のおかげで、ここまでたどり着くことができました。本当にありがとうございました。また、この坊っちゃん劇場で皆様にお会いできる日を楽しみにして、邁進していたきいたと思います。改めまして、皆様本当にありがとうごわした!」


 

 

 

 

 

 

 

8月22日(水)〜12月16日(日)の千穐楽まで、ミハエル役を小林遼介、松江豊寿所長を中山城治が演じます。

引き続き、「よろこびのうた」をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 


※3名のご挨拶は一部省略させていただいております。
 

 

 



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
アクセスマップ 過去の作品 お問い合せ モバイルサイト